お客様に聴く

Pocket

株式会社フィオーレ 広報部 部長 村田嘉史様

写真

エステサロン全店舗の顧客情報を、共通のデータベースでスムーズに管理。

全国7店舗のお客様の情報を、1つのデータベースで共有できるようになりました。

assion

「グレースフィオーレ」は、頭蓋骨小顔矯正を専門とするエステサロン。2017年現在、都内を中心に全国で7つの店舗を展開している。同サロンの運営元である株式会社フィオーレでは、2016年11月より自社で顧客管理を行うため「ちきゅう」を導入。さらなる業務効率アップを図っている。その成果について、広報部 部長の村田憙人さん(写真)にお話を伺った。

CONTENTS

1. ――フィオーレの事業概要
2. ――自社で顧客管理を行うため、管理ツールの導入を検討
3. ――全店舗の情報共有がスムーズになり、コミュニケーションコストが削減
4. ――「ちきゅう」を使い、今後はマーケティングにも活用していく
5. ――「ちきゅう」の評価と、今後への期待

フィオーレの事業概要

まず、御社が手がける事業の内容を教えてください。

当社は、小顔矯正専門のエステサロン「グレースフィオーレ」を運営しています。2014年より、都内のファッションスポットを中心に店舗を展開してきました。2017年6月現在、表参道、恵比寿、新宿、札幌、横浜、福岡と、全国7店舗をかまえています。

 

世の中にはさまざまなエステサロンがありますが、「グレースフィオーレ」のエステは、リフトアップ効果やフェイスラインの引き締めはもちろんのこと、頭蓋骨から引き上げる独自の技術により、頭蓋骨の歪みを改善する働きがあることが特徴です。

 

施術後に鏡を見た9割以上のお客様に、「小顔効果に驚いた」と言っていただいています。女性だけでなく男性のお客様もいらっしゃって、ときには著名人の方がお忍びで来店することもあるんですよ。

自社で顧客管理を行うため、管理ツールの導入を検討

「ちきゅう」導入以前は、どのような顧客管理をしていましたか?

3年ほど、ホットペッパーの予約・顧客管理システムを使って情報を管理していました。しかしホットペッパーの管理画面では、個別の連絡先など、お客様の詳しい情報が私たち側からは見えないので、自社マーケティングに活用することが難しいという課題がありました。

 

また店舗ごとにデータベースが異なるため、店舗間での情報共有に時間がかかっていました。例えば、表参道店に来店履歴のあるお客様が恵比寿店にきてくださった場合、かつてどのようなカウンセリングを受け、どのような施術を受けたか、担当スタッフは誰だったか……そうした情報を確認する必要があります。「ちきゅう」導入前は、店舗ごとのデータベースにいちいちログインしなおして確認したり、カルテを紙ベースでやりとりしたりしなければならず、時間と手間がかかっていました。

 

現在は7店舗ですが、これからさらに店舗数を増やしていくことを考えると、全店舗のお客様情報を一元管理できるシステムが必要だと思っていたんです。

数あるサービスの中から、「ちきゅう」を選ばれたのはなぜでしょうか?

とにかく、直感的に使えることが決め手でしたね。店舗で働くスタッフは、あまりパソコン操作が得意ではない人が多いんです。

 

最初はエステサロン専門のシステムを探しましたが、意外と見つからなくて。そこでまず、自社でカスタマイズできるデータベースを検討しました。Microsoft Accessを使って自分で構築する方法も考えましたが、やはり全店舗で共有するとなると、クラウド型サービスの方が利便性が高いと思うようになったんです。

 

そこで、ネット検索で探したクラウドサービスをいくつか、2~3ヶ月の間に試験的に使ってみました。その中で、知識や技術がない人が画面をぱっと見て使い方を理解し、簡単に入力できるサービスという条件に、「ちきゅう」が一番マッチしました。

全店舗の情報共有がスムーズになり、コミュニケーションコストが削減

「ちきゅう」を導入したことで改善されたポイントは?

全店舗での顧客情報の共有が、格段にやりやすくなりました。現在は「ちきゅう」のデータベース上に、お客様の個別の情報の他、過去の来店店舗、施術の履歴、メニュー、担当スタッフ、支払い金額の記録などをすべて集約しています。全店舗のデータの紐付けが容易なので、個別の顧客情報を調べたいとき、検索がスムーズでいいですね。

 

また、実際に使い始めて便利だと感じているのが、顧客情報と一緒にカルテの画像データをアップロードできることです。カウンセリング時、お客様に手書きで記入していただくカルテは、項目が何十個もあるので、それをすべてスタッフによる手入力でデータ化するのはあまり現実的ではありません。でも「ちきゅう」なら、カルテの写真を撮影してアップするだけなので、特別な手間もなく情報共有ができています。

現場で実際に「ちきゅう」を使うスタッフのみなさんの反応はどうでしょうか?

使い始めて8ヶ月になりますが、特に大きな問題もなくスムーズに利用できています。導入時は、日頃からスタッフとやりとりをしているLINEで簡単にシステムの使い方を伝えて、わからないことがあればその都度質問してもらい、返答していきました。直感的に利用できるので、使い方がわからないという声はほとんどなかったですね。

「ちきゅう」を使い、今後はマーケティングにも活用していく

現在は、ホットペッパーのシステムと「ちきゅう」をどのように使い分けていますか?

ホットペッパーは今まで通りネット予約の窓口と売上管理に、「ちきゅう」は全店舗共通の顧客管理に使っています。

今後考えている「ちきゅう」の活用方法はありますか?

今はまだ店舗のスタッフが使う顧客管理システムとしてしか活用していないのですが、今後はマーケティングにもどんどん使っていきたいですね。

 

グラフ機能を使って、店舗ごとの売上や利益率を可視化したり、人気のメニューなどを把握して今後の経営戦略に活かしたり……。販促物の配布や、新規出店の立地を決める際にも役立つと考えています。

 

また管理部門として、社内の人材管理などにも応用していけるのではないかと思っているところです。

「ちきゅう」の評価と、活用のアドバイス

「ちきゅう」の評価と、今後に対する期待を聞かせてください。

正直なところ「ちきゅう」をはじめて見たときは、あくまでもBtoB向けのサービスであって、私たちのようなBtoCのビジネスには向かないのではないかと思っていました。でも実際に導入してみると、用途を限定しないことがわかり、利用シーンがとても幅広いことを実感できましたね。BtoCでも十分に使いどころがあると感じています。

 

価格も1アカウントにつき月額980円と非常に手頃なので、例えば飲食店の在庫管理に使うなど、顧客管理や売上管理に限らず、小さいことでも利用してみる価値は十分にあるのではないでしょうか。

 

現状、私たちが当初求めていた機能は「ちきゅう」にすでに備わっています。あとは細かいことですが、BtoCの企業も利用しやすいように、自社で表示される項目名をカスタマイズできたり、自社ロゴを設定したりできるようになると、より自分たちのためのサービスだと実感しやすくなると思います。

お忙しい中、貴重なお話をお聞かせいただきありがとうございました。

企業情報

会社名:株式会社フィオーレ
本社所在地:東京都渋谷区神宮前3-14-17赤須ビルB1F
設立:2014年8月
事業概要:エステティックサロンの経営

Pocket

TOPへ戻る