お客様に聴く

Pocket

明成法務司法書士法人 代表司法書士 髙橋遼太様

写真

どれだけのお客様に支えられているのか、正確な数値によって強く実感できました。

紹介元となる取引先、チャネルごとに売上データを管理し、現状分析に活用しています。

assion

埼玉県新座市を拠点とする明成法務司法書士法人は、2009年の事務所開設から8年を迎える司法書士事務所。2016年現在、約15名のスタッフが在籍しており、不動産登記や相続関連、債務整理、会社設立など幅広い業務を手がけている。同法人では2015年のリリース直後から「ちきゅう」を活用。実際どのように営業活動に活かしているのか、代表司法書士の高橋遼太氏(写真)にお話をうかがった。

CONTENTS

1. ――明成法務司法書士法人の事業概要
2. ――事務所拡大に伴い、より正確な営業数字の把握が必要に
3. ――データを集約したことで、チャネルごとの売上貢献度が明確化
4. ――事業部・プロジェクトごとに別アカウントを用意して活用
5. ――「ちきゅう」の評価と、活用のアドバイス

明成法務司法書士法人の事業概要

まずは、今手がけている事業について教えてください。

オールラウンドに対応できる司法書士法人として、さまざまな業務を幅広くお受けしています。具体的には、相続、遺言、不動産登記、会社設立、企業法務、債務整理などですね。

仕事の依頼は、どんな流れで受けることが多いのですか?

ウェブサイトからお問い合わせいただくケースもありますが、一番多いのは、金融機関、不動産会社、会計事務所、法律事務所をはじめとする各士業事務所の方からの紹介です。

実は、その紹介案件の多さが「ちきゅう」を導入した一つの理由でもありました。多数の取引先やチャネルがあるので、どこを経由してどのくらい、どんな仕事をいただいているのか、主要な取引先についてきちんと数値で把握したいと思っていたんです。

事務所拡大に伴い、より正確な営業数字の把握が必要に

「ちきゅう」導入前は、主要取引先を把握することの他にどんな課題がありましたか?

以前はExcelを使って売上管理を行なっていました。でも事務所の規模がそれなりに大きくなり、毎月売り上げなければいけない数値目標が明らかになってきたため、もう少しタイムリーに日々の数字の動きを掴みたいと思っていたんですよね。売上見込をより正確に把握する必要もありました。

それをすべてExcelで完結するには限界があると感じ、クラウドツールの活用を考えるようになったんです。そのときたまたま知人の紹介で「ちきゅう」の存在を知り、浅井さん(株式会社ちきゅう 代表取締役)から詳しく話を聞いたのが最初ですね。

まずは一番分析したかった、チャネル別の売上データが簡単に取れること。そしてシステム自体が、自分でも簡単に使いこなせるしくみだったことも大きかったです。

データを集約したことで、チャネルごとの売上貢献度が明確化

導入していただきおよそ1年がたちますが、現在どんな風に「ちきゅう」を活用しているか教えてください。

案件の進捗管理や、顧客管理に関してはもともと使用している専用のソフトがあったため、「ちきゅう」は基本的に、シンプルな売上データを管理するために使用しています。

入力したデータをもとに、月ごとの売上見込額、案件の本数と目標金額に対する達成度を見ている感じですね。毎月の達成度がタイムリーにわかるようになったことで、自分の行動を決める判断材料ができました。売上が足りないことがわかれば、止まっている案件を動かすなり、私自身が営業活動に専念するなり、それを補うためにどうすればいいか検討できますから。実際に所員の数字に対する意識も変わり、少しずつ成果にもつながっています。

重要視されていた「チャネルの管理」についてはいかがですか?

案件ごとに取引先、各チャネルの情報を入力することで、売上の内訳が明確になりました。特定の取引先からの紹介が突出しているとか、1件ごとの売上は少額だが、紹介頂く件数が多く、トータルでみるとと相当な数字になっているとか。いわばそれぞれの取引先への“依存度”が明確になったんですよね。

売上の大小に関わらず、こんなに大勢の方々にお世話になって、自分たちの仕事が成り立っていることを強く実感できるようになりました。

事業部・プロジェクトごとに別アカウントを用意して活用

御社では法人本体の管理だけではなくて、複数のアカウントを利用されていますよね。

そうですね。参照する元データを別にしたいものや、さらに細かい分析がしたい場合もあるので、本体の他にも、事業部や参画しているプロジェクトごとにアカウントを作成し、それぞれ単体で使用しています。非常に安価に利用できるので、複数社で共同事業を行なう場合などにも便利だと思います。

私たちのような士業の場合、案件を受注した後でその仕事を的確に処理する人がいないと、売上が立ちません。でもそうした“見えない貢献度”は数値化するのが難しいんですよね。今は「ちきゅう」を法人全体の売上管理ツールとして活用していますが、ゆくゆくは「活動履歴」などの機能をうまく使って、所員一人ひとりの動きや成果なども可視化していきたいと考えています。

「ちきゅう」の評価と、活用のアドバイス

最後に「ちきゅう」の評価と、ユーザーの先輩として、活用のアドバイスをいただけますか。

現状の満足度でいうと、98点くらいです。100点にしてしまうと出来すぎなので(笑)高額なシステムを導入しなくても、効果的に営業数字の管理・分析ができるので大変便利だと思っています。うちと同じような士業事務所ではもちろん、例えば美容院とか整骨院とか、個人に近い業態のみなさんにはぜひ、「ちきゅう」をオススメしたいですね。

お忙しい中、貴重なお話をお聞かせいただきありがとうございました。

企業情報

明成法務司法書士法人

本社所在地 埼玉県新座市東北二丁目30番16号細田ビル4階
設立 2009年
事業概要 不動産登記、相続手続、遺言書作成、債務整理・自己破産、会社設立・起業支援、商業登記・企業法務 他

Pocket

TOPへ戻る