2015.11.12.

Pocket

ちきゅうを創業する時に考えた「事業のターゲット」とは?

こんにちは。ちきゅうの浅井です。

今朝は、一気に寒くなりましたね。コート無しで出てきてしまって、風邪を引いてしまいそうです。。

 

今日は、ちきゅうという会社を始める時に考えた「事業としてのターゲット」について紹介したいと思います。

 

最初は、「従業員数」「業種」「役職」などの切り口で自分が実現したいこととの整合性を取りながら、色々と検討を進めていました。ただ、なかなか自分の中でしっくりくる切り口が思い浮かばず、決めることができないでいました。

 

 ・どんな人にサービスを提供したいのか?

 ・どんな人にハッピーになってもらいたいのか?

 ・どんな人の為なら、毎日必死で働くことができるのか?

 

というのを、自問自答しながら、ノートで考えを整理する日々でした。

そうやって、自分の中でたどり着いた答えが、

 

dream

 

でした。「夢に向かって頑張っている人」に対して、最高のサービスを届け、応援したい。自分の中ですごく腹落ちして、「ターゲット=夢に向かって頑張っている人」というのを起点にして、サービスの構想を練り、事業計画に落とし込み、商品づくりなどを進めていきました。

 

「夢に向かって頑張っている人」を元気付け、サービスによって支援し、夢の実現に近付いたことを共に喜び合う、「ちきゅう」はそんな会社に発展させていきたいと思っています。なので、お客様のところに伺う前には、その会社のビジョンや経営理念などを丹念に読み込んでから、訪問するようにしています。どの会社も素晴らしいビジョンや経営理念を掲げていて、いつも刺激を受けています。

 

小さい会社なので、お手伝いできることが小さくて歯がゆい思いをすることも多いですが、一歩一歩「会社としての夢を支援する力」を高めていきたいと思います!

 

Pocket