2018.1.4.

Pocket

あけましておめでとうございます。そして、創業時の想いを振り返る。

あけましておめでとうございます。

妻「人の話を聞け」→私「ギャーギャー言うな」→妻「ギャーギャー言われたくないなら、人の話を聞け」→私「話を聞いて欲しかったら、ギャーギャー言うな」という無限ループを10年以上、ちきゅうの浅井です。

 

今年も年賀状を作成しました。

宛名面がこちら。

nenga_atena

 

裏面がこちら。

nenga_ura

 

戌年ということで、犬がくわえる骨!骨ということで、骨太プロダクト!

ちきゅう事業を進めてきて、ほんとプロダクトが大事だなと改めて感じまして、「骨太プロダクトをつくることにフォーカスします」という想いを込めて、このデザインとなりました。

 

地道にプロダクトを磨いてきた結果、1年で多くのお客様に契約いただき、支援させていただけるようになりました。事例取材に伺うと、お客様の業務に密接に結びついていることが分かり、「ちきゅう」を始めて良かったな、と実感します。

 

そもそも、「ちきゅう」という会社を起業しようと思ったのは、「娘が子供を産む時に、日本の未来に希望を持って、安心して子供を産める日本をつくりたい」という想いからでした。起業する時に、「では、どうすれば日本の明るい未来を作れるのだろうか?」と頭がちぎれるほど、考えました。そこで、至った考えが、

 

「未来に希望を持って、行動し続ける日本人を増やすこと」

 

でした。未来って行動の積み重ねだと思うんです。行動すると、必ず状況が変化し、新しく出現したその状況に合わせて、また行動を積み重ねていく。「未来は自分達の手でつくるんだ」という情熱を持った日本人を1人1人増やしていけば、最初積み重なる行動は少ないかもしれないけど、その情熱に感化された周りの人もどんどん行動を積み重ね始めるようになると考えています。

 

CRMというプロダクトを提供してビジネスをしているのですが、「ちきゅう」という会社が成し遂げたいのは、「未来に希望を持って、行動し続ける日本人を増やすこと」です。まずは、浅井自身が実践し、ちきゅうの社員も実践し、ちきゅうに関わる人にプラスのエネルギーを与えられる会社にしていきたいと考えています。

 

人間の持つ無限の可能性を信じています。2018年も小さな行動を積み重ねていきたいと思います。本年も、よろしくお願いいたします!

 

Pocket