Q&A ちきゅうのちえぶくろ

Pocket

悩み

人事部の者です。新しい営業管理ツールを導入しようと考えており、ネット上での評判を参考に価格や機能を見比べていますが、なかなか判断がつきません。導入規模は10人程度、欲しい機能はスケジュール管理、日報、営業の顧客管理などですが、どのような点で選べば良いでしょうか?
必要な機能として挙げられたものはSFAの基本的機能ですので、どの製品を選んでも機能不足ということはないでしょう。ただSFAは毎日使うものですので、日々の入力作業をシミュレーションして、それが自社の業務プロセスにマッチしているかどうかを確認してみることをお勧めします。

解説

市場にはいくつかのSFAツールが流通しており、それぞれに特徴を持っています。何でもできる多機能・高機能のものもあれば、機能を絞って使いやすさを追求したものもあります。ただ、いずれのツールもスケジュール管理や顧客情報管理といった機能はSFAの基本機能としてカバーされていますので、どの製品を選んだとしても、使い始めてすぐに機能上の不足を感じるということはないでしょう。

SFAの選び方について最もベーシックなのは、機能とコストのバランスです。多くの機能を持つものはそれなりに高価です。「何でもできる」という安心があるかわり、それだけの多機能・高機能を使い切ることができなければ運用コストが無駄になり、結局は「製品の選定に失敗した」ということになってしまいますから要注意です。

ですからまずは手軽なものから使い始めて、機能的に不満が出たら乗り換える、という考えでも良いでしょう。導入前に一定期間の試用が可能ならば、ぜひ使ってみることです。そして実際に導入した場合にどのような項目を設定し、どのように使って、そこから得られるデータをどのように活用していくのか、現実の営業プロセスに沿って試してみることをお勧めします。

どの製品を選ぶにしても、ITツールは事業戦略上の要求から、競合他社との差別化を図り、ビジネス成果を生むために使うものです。刻々と変わっていく市場のニーズに合わせて営業戦略を変化させ、それに合わせて業務のプロセスが変化していくのは当然のことです。そうした変化に沿って自由自在にカスタマイズできるSFAツールを選び運用すれば、その成果を十分に得ることができるでしょう。

答えている人

浅井敏宏

あさいとしひろ

リクルート、ネクスウェイなど営業・マーケティング支援の仕事に長くかかわる中で「良い商品、良いサービスなのに、売り方が悪くて埋もれているサービスが世の中にはたくさんある」という点に気づき、その課題を改善することで世の中に貢献したいと考え、起業。目に見えにくい社内の営業ノウハウをちきゅうのツールで可視化することにより、多くの業務改善・営業効率化を支援しています。

Pocket

TOPへ戻る