資料請求

お急ぎの方はお電話ください。
営業時間 10:00~19:00

TOParrow導入事例arrow株式会社メディアコンテンツファクトリー

組織と共に管理体制も成長しなければ会社は強くならない

組織が大きくなるとエクセル管理は必ず限界を迎えます。株式会社メディアコンテンツファクトリー様は「ちきゅう」を導入し新たな管理体制を確立しました。

株式会社メディアコンテンツファクトリー

株式会社メディアコンテンツファクトリー

医療機関向けのデジタルサイネージや各種システム、ディスプレイ広告、ホームページ制作などを手掛ける、株式会社メディアコンテンツファクトリー。福岡本社の他、東京・大阪にも拠点を持ち、2017年現在、約60名のメンバーが在籍している。同社では2016年7月に営業体制を変更した際、新たな管理ツールとして「ちきゅう」を導入。

株式会社メディアコンテンツファクトリー
問題
問題
  • 1管理体制が非効率で、生産性が低かった
  • 2最新の情報が現場まで伝わらず、会社の状況が伝わらない
  • 3個々の動きが把握できず、連携が取れなかった
解決
解決
  • 1営業数字(売上)を記録、自動集計し営業全員に情報共有した
  • 2様々な指標から比較し、各商材やサービスにあった営業を可視化
  • 3slackの報告用のチャンネルと「ちきゅう」を連携した
効果
効果
  • 1営業管理を効率化し、生産性を向上させた
  • 2管理側が必要以上に介入しなくなりストレスが軽減された
  • 3営業メンバー同士のコミュニケーション量が増えた

営業体制の見直しに伴い、新たな営業管理システム導入を検討

どのような経緯で導入を検討されたのでしょうか?

ちょうどメンバーの増加があったため営業の体制を変えようとしていたとき、案件管理や営業管理の仕方を見直すいい機会だと思い、システム化を検討することにしたんです。それまでは毎週、各営業が目標と活動報告をエクセルで提出、それを営業部長がマージして集計して……というのを手作業でやっていて。最新のデータは管理側でしか把握できず、会社全体のリアルな状況が一人ひとりの営業まで十分に伝わっていませんでした。

さまざまなツールがある中、「ちきゅう」を選ばれたのはなぜですか?

システム開発や拡張は時間も労力もかかります。
そこでまずは既存の営業管理ツールを探して比較検討するところからはじめたのですが、意外と見つからなくて。 あったとしてもそれらのツールは当社が求めていたことに対して、カスタマイズする手間も、コストも、機能的にもマッチしていませんでした。 そんなときに、見つけたのがSFAツール「ちきゅう」でした。
1アカウントの料金がすごく安かったので、使いづらくても仕方ないかくらいの気持ちで、試してみたのがきっかけですね。 ところが、結果的に私が抑えたかったポイントを全てクリアしていたので、そのまま継続利用することにしました。

成果が可視化され、チームのコミュニケーションが活性化

「ちきゅう」をどのように活用していますか?

今までエクセルで行なっていたことを移行して、案件ごとの営業管理に使っています。
以前はエクセルで集計して月1回の営業会議のときに全員に共有していましたが、リアルタイムでは数字の動きまで把握できていなかったんです。 そこで、当社が一番大事にしている、「お客様に対して何件デモをしたか」という数値を記録、自動集計し、管理職だけではなく営業全員が見られるようにしました。 また、当社が扱っている商材は単価に大きな幅があるので、以前は営業メンバー全員を完全な横並びで比較することが難しかったんですが、「ちきゅう」上で集計・ソートする際、さまざまな切り口から比較することで、各商材やサービスにあった営業を見つけることができるようになりました。

営業目標の達成度などが目に見えるのできちんと定着する

実際に「ちきゅう」を導入して変化はありましたか?

当社では社内のコミュニケーションツールとしてslackを活用しているのですが、セールス報告用のチャンネルと「ちきゅう」を連携しています。
営業がお客様に対してデモを行ったことを「ちきゅう」に入力すると、それがすべて報告として流れてくるので、営業メンバー全員が、誰がどのくらい活動しているのかがすぐわかるんです。
気になったことやアドバイスなどがあれば、その場でコメントもできるのもいいですよね。
間違いなくメンバー間のコミュニケーション量が増え連携が取れるようになりました。それぞれの動きがある程度可視化されたことで、管理が必要以上に案件に介入することがなくなりお互いのストレスは減ったと思います。
アクティブなコミュニケーションとリアルタイムかつ明確な数値が出るようになったことで、営業一人ひとりの意識が変わったと思います。
これまで新しいツールを導入する場合、日々のタスクを増やすことになるので、社員の行動が定着するまでにはそれなりに時間がかかりました。しかし「ちきゅう」の場合は、自分の目標の達成度などが目に見えるので、みんなきちんと入力してくれるようになりました。

中小企業にとって最高にちょうどいいSFAツール「ちきゅう」

営業管理でお悩みの方へのアドバイスをいただけますか?

現状は何の不満もなく活用させてもらっています。
当社のような規模の会社はもちろんのこと、企業規模の小さな企業であっても、「ちきゅう」はとても有効なSFAツールなのではないでしょうか。

複雑なツールを我慢して使うのはもうやめませんか?

中小企業がSFAやCRMを導入する場合、最も大切なことは機能、価格、使い易さのバランスです。しかし、これまで中小企業は複雑で高価なSFAツールを我慢して使っている状況でした。
そこで、中小企業にとって最高にちょうどいいSFAツールを目指して開発された「ちきゅう」であれば、株式会社メディアコンテンツファクトリー様のように、体制の変化や多種多様な商材をお持ちの企業様でも、安心していただけます。
SFAやCRMの導入をご検討の方はぜひ、「ちきゅう」を使ってみてください。すぐにその効果を実感していただけるはずです。

ビジネスの成長を「ちきゅう」が
お手伝いします。

評価版お申し込み img
株式会社kazeniwa

株式会社kazeniwa

ちきゅうに情報を集約することで、2日がかりの帳票連携・照合作業が不要になり、大幅に生産性が向上したという。今回は人事総務チーム兼営業アシスタントの門馬愛子さんにお話を伺いました。

サービス業11~50人

さらに詳しく

関東鉄工株式会社

関東鉄工株式会社

“ITアレルギー”が導入障壁になっていませんか?同じ悩みを抱えていた企業が、どのように課題を克服し導入・定着に成功したのでしょうか?

製造業11~50人

さらに詳しく

コクー株式会社

コクー株式会社

エクセル管理から脱着することは、実はとても難しいことです。営業プロセスの定義づけから、社員への定着までうまくツールを使いこなしている企業はどのようなことをしているのでしょうか?

サービス業301人以上

さらに詳しく