セミナー/イベント

TOParrow導入事例arrowエッセンス株式会社

「ちきゅう」を使い倒すことで組織力を強化できる

どんなツールでも導入するだけでは不十分です。「ちきゅう」を活用し成果を数値化、分析することで、組織力を強化することができたエッセンス株式会社様の事例をご紹介します。

エッセンス株式会社

エッセンス株式会社

エッセンス株式会社は、プロパートナーズ事業、リクルーティング事業、他社留学事業の3つのサービスを行う人材企業。2017年8月より「ちきゅう」で活動履歴と情報共有を行っている。

エッセンス株式会社
問題
問題
  • 1日報提出が疎らで、個々の動きも把握できなかった
  • 2担当変更や退職の際に引継ぎに時間がかかっていた
  • 3報告内容にムラがありマネジメント側はストレスを感じていた
解決
解決
  • 1メンバーが活動履歴を入れた時にメールを自動で送る設定
  • 2代表からもメールに対してフィードバックしてもらうようにした
  • 3人事評価に『ちきゅう』の入力の項目を追加
効果
効果
  • 1個々の営業活動をリアルタイムで把握できるようになった
  • 2顧客情報とやり取り履歴の共有で属人化を防止
  • 3報告へのアドバイスがしやすくなり、チームに一体感が生まれた

情報の整理とストレスのない営業体制を目指して導入を検討

どのような経緯で導入を検討されたのでしょうか?

実は、「ちきゅう」導入までは、社内で案件情報や活動履歴をほぼ共有・管理していませんでした。
日報は提出する人としない人がいて、活動内容が分からず数字だけ上がってくる状態。商談内容も細かく記載する人とそうでない人がいて、マネジメント側はストレスでした。 会議や訪問後に、その都度上長に報告してアドバイスを受けるという超属人的な状態です。「こないだ〇〇に行って、こんな話があって…」とイチから説明しなければいけなかったので、とても非効率でした。 担当変更や退職の際に引継ぎに時間がかかっていたことと、サービスが増えたことがきっかけ「これは何とかしないと」という話になり、案件と活動履歴の管理を目的に、商談管理ツールを探し始めました。

さまざまなツールがある中、「ちきゅう」を選ばれたのはなぜですか。

大手ツールと比較検討したのですが、「ちきゅう」は圧倒的に価格面が優位であることと、機能が最低限揃っていることの2つが魅力でした。 商談を管理する画面で案件を動かせるUIも分かりやすく、シンプルで使いやすそうだなと思いました。 これまで商談管理ツールを使っていなかったので、いきなり高機能のツールを導入して運用を始めてしまうと、社内のメンバーは食傷気味になります。 まずは最低限、「ここだけ入れてください」という導入の方が話がしやすかったので導入を決めました。

「ちきゅう」を導入し、会社として強くなれました

「ちきゅう」をどのように活用していますか?

メンバーからすると、これまでの作業の置き換えではなく、むしろプラスで乗る業務なので、入力して共有することの意義、その価値を感じてもらう必要性がありました。 そこで、メンバーが活動履歴を入れた時にメールを自動で送る設定にしているのですが、そのメールへのフィードバックを多めにして、可視化することの価値を伝えるようにしました。また、代表からもメールに対してフィードバックしてもらうようにして、「代表も見ている」という環境作りも意識しましたね。 今検討しているのは、上がってくる情報を活かしたマネジメントや人事評価に『ちきゅう』の入力を追加すること。入力する情報はノウハウでもあり、商談を前に進める上で非常に役に立ちます。ですから、きちんと入力する人が評価されるようにしようとしています。 また、Slack(スラック)との連動機能をどのように使うかも考えています。
最初の商談から濃い情報が入っていたり、確度が高かったりすると、みんなが注目するので、いい意味でプレッシャーにもなると思うんです。そういう健全なプレッシャーを共有していくような活かし方ができるといいですね。

使えば使うほど様々なことに利用できるツール「ちきゅう」

実際に「ちきゅう」を導入して変化はありましたか?

「ちきゅう」は行動量と各案件の状況を活動履歴で把握できるので、案件の確認からではなく、最初から「あの件はこう進めよう」と施策の話から入ることができます。 その為、商談や面談結果に対して、アドバイスが返ってきたり、「受注が決まりそうだね」といったコミュニケーションが生まれるようになりました。 これまでは「受注しました」という報告で終わっていたのが、受注に至るまでの営業活動や案件の進捗が共有されているので、みんなの自分事になっていく感覚が生まれていることも、大きな成果だと思います。 「ちきゅう」を導入したことで、一体感が生まれ会社として強くなれました。 また、”積み上げ棒グラフが便利ですね。
弊社のビシネスはストック型なので、プロジェクトが増えると既存の数字が積み上がります。棒グラフで既存と新規の割合がビジュアルで表示されるので、達成までに積まなければいけない数字がすぐに把握できるようになりました。 また、今月の新規商談や面談がどれだけ設定できているか、クロージングは何件あるかが可視化されるので、ひと目で行動量が分かりますし、数字の会話がしやすくなりました。

使えば使うほど様々なことに利用できるツール「ちきゅう」

営業/顧客管理でお悩みの方へのアドバイスをいただけますか?

「ちきゅう」はとても魅力的なツールですが、導入するだけでは不十分です。
全員がきちんと入力して、初めて見えてくる数字があると思います。弊社のように入れる習慣がないところから始めている場合、まずはツールを使い倒すことを最初の目標に掲げることをお勧めします。 その他にも既存のデータベースの情報を「ちきゅう」に入力して、成果を数値化、分析することで、案件の傾向やマーケティング戦略に生かすこともできます。 とにかく使い倒すことが成功の秘訣だと思います。

使いこなせるツールであるかどうかを正しく判断することが鍵

新しいツールを導入する場合、どれだけそのツールを使い倒すかで大きく差がつきます。しかし、高機能すぎるツールは定着までのハードルが高く、現場に受け入れられない場合が多いのです。 そこで、私たちは、価格も安く、必要な機能だけを搭載したスマートで、最高にちょうどいいツール「ちきゅう」を開発しました。 エッセンス株式会社様と同じように、現場にきちんと定着するか心配な方は、まず「ちきゅう」をお試しください。

国産SFA/CRM「ちきゅう」の導入事例集

国産SFA/CRM「ちきゅう」の導入事例集

国産SFA/定着率99%の国産SFA/CRM「ちきゅう」を使って成果に繋げた、4つの成功事例をご掲載しています。実際にどのようにSFAを活用して、成果を上げたのか具体的な活用法をご紹介します。

株式会社kazeniwa

株式会社kazeniwa

ちきゅうに情報を集約することで、2日がかりの帳票連携・照合作業が不要になり、大幅に生産性が向上したという。今回は人事総務チーム兼営業アシスタントの門馬愛子さんにお話を伺いました。

サービス業11~50人

さらに詳しく

関東鉄工株式会社

関東鉄工株式会社

“ITアレルギー”が導入障壁になっていませんか?同じ悩みを抱えていた企業が、どのように課題を克服し導入・定着に成功したのでしょうか?

製造業11~50人

さらに詳しく

コクー株式会社

コクー株式会社

エクセル管理から脱着することは、実はとても難しいことです。営業プロセスの定義づけから、社員への定着までうまくツールを使いこなしている企業はどのようなことをしているのでしょうか?

サービス業301人以上

さらに詳しく

お問い合わせ

まずはお気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせ
電話03-5909-8187 (平日10:00〜19:00)
代理店の方はこちら
無料 15日間無料で営業管理ツール「ちきゅう」をご活用いただけます 15日間無料トライアル
無料 個別相談会実施中 
お気軽にご相談ください
個別相談会