セミナー/イベント

TOParrow導入事例arrow株式会社パーツ精工

「営業改革元年」施策の第一歩としてSFAを導入。
属人化から脱却し、定量分析に基づく数値作成が可能に

営業部が全国に拡大し対面での情報共有が困難に。「ちきゅう」を導入し、属人化していた営業活動の見える化を推進。

株式会社パーツ精工

株式会社パーツ精工

金属の切削加工を行う株式会社パーツ精工。医療関係や印刷機器関係など様々な部品を提供する多品種少量生産が基本。設計から製造、組立まで幅広い範囲を一貫生産している。

株式会社パーツ精工
問題
問題
  • 11拠点だった営業所が全国へ拡大し、情報共有が困難に
  • 2営業活動が属人化し、生産性が見えにくい
  • 3組織図など顧客の詳細情報管理が属人化している
解決
解決
  • 1「ちきゅう」で遠隔でもリアルタイムに情報を共有
  • 2グラフで伸び率や商談進捗を見える化
  • 3顧客に漏れなく効率的に営業できる

案件数アップと情報共有を目的にSFAの導入を検討

どのような経緯で導入を検討されたのでしょうか?

全国で営業部が埼玉に1箇所だった頃は、口頭でのやりとりで情報共有ができていました。しかし大阪・九州・福島へ営業所を拡大し、営業部全体の活動実態が見えにくいという課題を抱えるようになりました。
はじめは、地方の営業所に営業責任者が同行することでこの課題を解決できると思っていました。しかし、顧客数が多く、全ての訪問に同行できない現実と顧客の他部署でのニーズなどを把握しきれていなかったという課題がありました。
そんな中、営業管理について情報収集をし「ちきゅう」の営業担当者と会話する中で、「SFAを使えば、案件情報を管理することでお客さんからの引き合いがもっと増える」ということに気づきました。
また、営業活動や顧客の組織図などの詳細情報も属人化していました。情報を簡単に共有し、さらに有効活用することで営業活動が効率化するのではないかと思いました。
商談管理による引き合いの増加、情報共有による営業の効率化を目的とし、今年を「営業改革元年」としてツールの導入や営業の仕組みの変更などを推進していくことにしました。

さまざまなツールがある中、「ちきゅう」を選ばれたのはなぜですか。

「ちきゅう」は案件・顧客・担当者と3つの軸から情報管理をすることができる点が魅力的でした。

直感的な操作が可能で、かつ不要な機能がなく、使い勝手が良いのも決め手でした。また、価格帯がパッケージソフトと変わらないのに、自社に合わせたカスタマイズや拡張性が高いことも選定理由の一つです。

社内理解を得るため推進者と共に一人ひとりとコミュニケーション

「ちきゅう」導入までに行ったことやスケジュールを教えてください。

前職でSFAを活用した経験から、導入を推進したいという社員がいたので、一緒に部長や責任者、社員一人ひとりと地道にコミュニケーションを取り導入に漕ぎ着けました。今は数値をSFAで集計することでどんなメリットがあるのか、社内理解を促進しています。

導入検討開始から「ちきゅう」に決めるまで約2か月。契約してから要件定義や初期設定を行うのに約3か月かかりました。

営業活動を定量的に分析し生産性UPへ

「ちきゅう」に今後期待すること、貴社の事業にどう活かしていきたいかを教えてください。

今までの営業活動は属人化されており、定量的な分析ができていませんでした。「ちきゅう」を活用して、訪問件数の増減・対前年からの売上変化・四半期ごとの伸びなど営業活動の数値比較を行っていきたいです。入力だけが目的化してしまわないよう、全社で営業活動の生産性向上に活用していければと思います。

顧客管理に関しては、なかなか訪問できていない企業の発見や同じ商品しか発注していない企業への他商品提案などができるのではと期待しています。

SFAの選定ポイントは自社の仕組みに沿ったツールを検討すべき

営業/顧客管理でお悩みの方へのアドバイスをいただけますか。

「何でもできる」多機能なものではなく自社の使用方法に則したSFAを選ぶと良いのではないでしょうか。切削工業で営業支援ツールを導入している会社はまだ少ないので、自分たちが業界内での成功事例になっていきたいと思っています。

国産SFA/CRM「ちきゅう」の導入事例集

国産SFA/CRM「ちきゅう」の導入事例集

国産SFA/定着率99%の国産SFA/CRM「ちきゅう」を使って成果に繋げた、4つの成功事例をご掲載しています。実際にどのようにSFAを活用して、成果を上げたのか具体的な活用法をご紹介します。

生田産機工業株式会社

生田産機工業株式会社

営業組織が拡大すると属人的な営業管理には限界が来るもの。直感的な操作が可能な「ちきゅう」では、案件管理が効率的かつお得に実現します。

製造業51~300人

さらに詳しく

関東鉄工株式会社

関東鉄工株式会社

“ITアレルギー”が導入障壁になっていませんか?同じ悩みを抱えていた企業が、どのように課題を克服し導入・定着に成功したのでしょうか?

製造業11~50人

さらに詳しく

株式会社kazeniwa

株式会社kazeniwa

ちきゅうに情報を集約することで、2日がかりの帳票連携・照合作業が不要になり、大幅に生産性が向上したという。今回は人事総務チーム兼営業アシスタントの門馬愛子さんにお話を伺いました。

サービス業11~50人

さらに詳しく

お問い合わせ

まずはお気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせ
電話03-5909-8187 (平日10:00〜19:00)
代理店の方はこちら
無料 15日間無料で営業管理ツール「ちきゅう」をご活用いただけます 15日間無料トライアル
無料 個別相談会実施中 
お気軽にご相談ください
個別相談会