資料請求はこちら

TOParrow機能arrowメール配信機能(一斉配信)

メール配信機能(一斉配信)

メルマガ配信/開封/クリック検知で営業活動を支援!

メール配信機能の概要

「GENIEE SFA/CRM」に登録のある見込客/担当者メールアドレスに対し、メール配信できる機能です。

One to Oneのメール配信はもちろん、SFA/CRMのリスト機能を使い一斉配信をすることも可能です。
以下のようなユースケースに対応ができます。

  • 営業から、後追いメールを顧客個人宛にSFAの画面から送信したい。
  • 簡易的な一斉配信(休業のお知らせなど)を既存の顧客に行いたい。

メール配信機能の画面イメージ

下の図がメール配信設定画面の画面となります。

メール配信設定画面の画面となります。
※各機能詳細については別のページで紹介します。

■メール編集画面

一斉メール配信方法

1.メールを送りたいリスト画面からメール配信を起動する

見込客/担当者の一覧ページの左上のプルダウンからリストを選択した上で、上部の[一斉メール送信]をクリックください。

2.メール文面を作成する

メール文面の作成は個別メールの挙動と基本的には同一となりますが、以下の点が異なります。

  • オプトアウト差し込みタグがございます。
    「特定電子メールの送信の適正化等に関する法律」の対象となる内容を送付する場合、オプトアウトタグが必須となります。
    オプトアウトを選択した顧客に対しては、「特定電子メールの送信の適正化等に関する法律」の対象か否かに関わらず、「GENIEE SFA/CRM」からのメール送信はできなくなります。

    オプトアウトとは…
    メールの受信者が、貴社からの宣伝目的など「特定電子メールの送信の適正化等に関する法律」に規定される内容のメールの受け取りを拒絶することを指します。
    現在はオプトイン(受信の受託)を取ることも義務付けられているため、配信の際は貴社内にてオプトイン/オプトアウトの必要性や取得状況などをよくご確認ください。

3.配信結果を確認する

配信結果は左メニューの[送信リスト]より確認が可能です。
上部タブ[一斉配信]をクリックすると、一斉配信の結果が確認可能です。
自身の送付の成果だけを確認したい場合は、[ユーザー単位]をご確認ください。

  1. FROM
    メールを送信したSFAのユーザー名です。
  2. 宛先
    メールの送付した姓名+メールアドレスです。
  3. 件名
    送付したメールの件名になります。
  4. 送信
    「GENIEE SFA /CRM」から、送信サーバーに依頼が成功したか否かの件数です。
  5. 開封
    届いたメールを開封したか否かの件数です。
  6. CLK
    届いたメールの本文内リンクをクリックしたか否かの件数です。

4-6のいずれかの件数をクリックすると、ユーザー単位での開封・クリック検知が可能です。

その他、GENIEE MAと連携することでより詳細なシナリオ設計に応じたナーチャリング施策が可能となります。詳しくは資料請求フォームからお問い合わせ下さい。

SFA-CRM Logo
様々な営業課題
「GENIEE SFA/CRM」

導入で解決します!
intro
CONTENTS

まずはお気軽にご相談ください

導入企業6,300社、定着率99%!
「GENIEE SFA/CRM」資料はこちら